ロンボク島で果物を見つけましょう。

ロンボクでは、果物を見つけることはそれほど難しくありません。地域外から輸入された多くの果物が地元で栽培され始めています。

ロンボク島は、スンバルンのイチゴ、北ロンボク島のマンゴー、ナルマダのマンゴスチン、ドリアン、ランブータンなどの地元の果物でも有名です。

道路沿いには果物屋さんもたくさんあります。その場ですぐに皮をむいてすぐに食べられるパイナップルなどの地元の果物、パパイヤから、特定の季節にしか手に入らないランブータンやドリアンまで売られています。
ロンボク島、特にマタラム市には果物の販売の中心地である場所がいくつかあります。
1.チャクラヌガラのアレーナブアー(ARENA BUAH)。

果物屋さんのセンターはチャクラヌガラにあります。マタラム中心から約2〜3 kmに位置するジャラン・ジャイエングラナは、ジャラン・ペジャンギク(市内中心部から東へ)とパンカ・ウサハの2つの主要道路に隣接しています。

果物屋さんセンターの道路は、長さが500メートルもないですが、地元と輸入両方の果物を売っている人で道路沿いにたくさん並んでいます。ほぼすべての種類の果物がここにあります。特に果物の時期には、この道路はより混雑します。

ここの果物の価格は伝統市場よりも比較的高いので、買うときに値段交渉しましょう。